選挙活動でも格安SIMは活用できる!短期利用者向けサービスを紹介

2024.05.27

選挙に出馬する際に欠かせないのが携帯電話。選挙活動を行うためスタッフと連絡を取り合ったり情報を発信したりするのに、今や携帯電話(スマホ)は欠かせません。

しかし選挙活動に使える資金は限られているはずです。通信費はできるだけ抑えつつ、他の選挙活動に資金を充てたいと思っている方もいるでしょう。そこで本記事では、選挙活動における携帯電話の重要性や、利用するなら格安SIMがおすすめの理由について解説しています。

格安SIMをうまく活用して通信費を抑制し、選挙活動の資金を他の活動に充てましょう。

選挙期間中は携帯電話が必須

選挙活動中は下記のような場面で携帯電話が活躍します。

・選挙スタッフと連絡を取る
・情報収集を行う
・こちら(候補者)から有権者に情報を発信する

どういうことか、詳しく解説します。

仲間と連絡を取るため

選挙活動をより効果的に行うには選挙スタッフや支援者との綿密な連絡が欠かせません。携帯電話があれば電話はもちろんSNSや連絡アプリ(LINEなど)を利用して、効率的に仲間と連絡できます。

たとえば携帯電話を使って「〇月×日に〇〇駅前で選挙活動を行う」と関係者間で連絡を取れれば、効率的に選挙活動を行いやすいです。

情報を収集するため

選挙活動では有権者の関心事や競合候補者の動向など、さまざまな情報を収集する必要があります。携帯電話(スマホ)を活用すれば、ネットからいつでもどこでも効率的に情報収集を行えます。

たとえば移動時間やお昼休憩の時間でも情報収集を行いやすくなるため、すき間時間を有効活用しやすいです。競合候補者の動向を考慮して、次に行う選挙活動の方向性も柔軟に修正しやすくなります。

情報を発信するため

選挙で当選するには有権者に向けて積極的に自分の情報を発信することが大切です。街頭で演説を行うことも重要ですが、現代ではインターネットでも情報発信することが求められます。

スマホがあれば、SNSを更新したり動画サイト(YouTubeなど)に投稿したりするなど、手軽に情報を発信しやすいです。街頭演説では声を届けられない人にも自分のことを伝えられるのがインターネットの魅力です。

選挙活動で携帯電話を格安SIMで運用するメリット

ここまで紹介したように、選挙活動を行ううえで携帯電話は必須の道具となっています。しかし携帯電話の通信費が高額になってしまうと、他の選挙活動に充てる予算が減ってしまいかねません。

そこでおすすめなのが格安SIMです。格安SIMなら通信費をお手頃価格に抑えられるので、削減できた費用を他の選挙活動に充てられます。

ただし格安SIMは、平日のお昼時間帯など、通信する人が多い時間帯になると通信速度が遅くなる場合がある点に注意しましょう。このようなデメリットもありますが、音声通話は問題なくできますし、混雑時間帯以外ならデータ通信も安定して行えます。

選挙活動中に使用する携帯電話を格安SIMで運用するメリットについて、詳しく見てみましょう。

通信費が安いため予算を他の活動に充てられる

選挙活動にはポスター印刷や事務所の賃貸料など、さまざまな費用がかかります。限られた予算の中でより効果的に選挙活動を行うには、できるだけ通信費用を抑えたいものです。

選挙活動にかける費用を削減する一環として格安SIMの活用が挙げられます。大手通信キャリアよりも安価な通信プランが豊富なので、通信費を削減しやすいのが魅力です。

節約した分の予算を他の選挙活動に充てることができるので、効率的に選挙運動を進められるでしょう。

大手通信キャリアと同じく豊富な通信オプションがある

格安SIMを提供しているMVNOの中には、大手通信キャリアと同じように豊富な通信オプションを用意しているところがあります。

たとえば通話し放題オプションを提供していたり、小容量から大容量まで幅広いデータ通信プランを提供していたりするMVNOがあります。しかも大手通信キャリアよりもリーズナブルな価格設定になっているのでお得です。

短期利用者向けの通信サービスを提供しているところがある

携帯電話の通信契約は、基本的に長期利用が前提となっています。短期間だけ利用したい場合には、契約手続きが不便だと感じる場合もあるでしょう。

格安SIMのなかには、短期利用者向けの通信プランを提供しているところがあります。申し込みが簡単で料金体系も短期利用者に適したものになっており、選挙活動で携帯電話を一時的に利用する際に便利です。

たとえばオンラインで申し込みを完結できるのはもちろん、入力しやすい申し込みフォームが用意されていたり契約期間が過ぎれば自動で通信契約が終了したりするようなプランもあります。

また、端末のレンタルを行っているところもあり、わざわざ端末を購入しなくてもよいため、選挙活動期間中のみ使えればいいという場合には検討の余地があります。スマホよりも格安で操作もわかりやすいガラケー端末のレンタルもありますので、用途に応じて利用するとよいでしょう。

手続きが簡単でかつ解約忘れのリスクもないので、短期間だけ携帯電話を利用したい人にとって使いやすいものとなっています。

インターネットを活用した選挙運動について

平成25年(2013年)の法改正により、インターネットを利用する選挙運動が解禁されました。この法改正により、候補者は電子メールやWebサイト(SNS、ブログなど)を活用した選挙運動が一部で認められるようになりました。

ただし依然としてできないこと、できるが一定の制限が設けられていることもあります。

【できないこと】

・有権者が電子メールで選挙運動を行うこと
・18歳未満が選挙運動を行うこと
・HPや電子メール等を印刷して頒布すること など

【制限が設けられていること】

・電子メールにおいて、氏名や電子メールアドレス等を表示する義務
・電子メールにおいて、一定の記録の保存義務 など

選挙活動で違反行為を行わないよう、事前にルールを確認しておきましょう。インターネットを活用した選挙運動については、総務省のページにて詳細を確認できます。事前に目を通しておきましょう。

格安SIMを活用して選挙活動にかかる携帯代を抑えよう

本記事では選挙活動における携帯電話の重要性や、格安SIMの有用性について解説しました。

今や選挙活動でも携帯電話は必須のアイテムです。しかし通信費が高額になると、他の選挙活動に充てる予算が減ってしまいます。そこでおすすめなのが、格安SIMの活用です。通信費をお手頃価格に抑えつつ、通信サービスはしっかり利用できるため、効果的に選挙活動を進められます。

※ただし平日のお昼時間帯など、アクセスが集中するとデータ通信速度が遅くなる場合があります。

格安SIMと携帯電話を活用し、選挙活動をうまく乗り切りましょう。なお短期間だけ携帯を利用するなら、HISモバイルが提供している法人向け「携帯電話レンタル」というサービスの利用を検討してみませんか。

スマホやガラケーなどの携帯電話を団体名義で短期間レンタルできます。電話は選挙活動に最適な「かけ放題」で端末補償付き。最短4日から利用できるため、短期間だけ選挙活動に使う携帯電話が必要な場合におすすめのサービスです。

【発生する料金の例(ガラケー)】

 機種期間レンタル費用
短期プランガラケー(端末指定なし)4日間 ※最大31日間までデータなし:5,500円
中期プランガラケー(端末指定なし)1ヵ月【初期費用】3,000円
【月額費用】データなし:9,500円
長期プランガラケー(端末指定なし)1年間【初期費用】3,000円
【月額費用】データなし:9,000円
【違約金】10,000円

【発生する料金の例(スマホ)】

 機種期間レンタル費用
短期プランスマートフォン
(端末指定なし)
4日間
※最大31日間まで
100MB:6,300円
1GB:6,900円
3GB:7,700円
7GB:8,300円
20GB:9,600円
中期プランスマートフォン
(端末指定なし)
1ヵ月【初期費用】
3,000円
【月額費用】
100MB:12,500円
1GB:12,800円
3GB:13,600円
7GB:14,200円
20GB:15,500円
長期プランスマートフォン
(端末指定なし)
1年間【初期費用】
3,000円
【月額費用】
100MB:11,800円
1GB:12,100円
3GB:12,400円
7GB:13,000円
20GB:14,300円
【違約金】
10,000円

HISモバイルが提供している「携帯電話レンタル」の詳細はこちらから確認できますので、ぜひお目通しください。

関連の記事

当サイトでは、サイトの利便性向上のため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイトのクッキー(Cookie)の使用に関しては、「プライバシーポリシー」をお読みください。

同意する