SIMカードの種類とサイズを確認・変更する方法 │ 注意点を併せて解説

2022.01.05

SIMカードについて、聞いたことがあるという方は多いのではないかと思います。
しかし、SIMカードがどういうものなのか、具体的な役割や種類、サイズなどについてはよくわからないという方もいるのではないでしょうか。SIMカードはスマホを利用するには必要不可欠なICカードのことですが、機種変更や他の携帯電話会社への乗り換えの際に確認・変更する必要が生じる場合があります。

そこでこの記事では、SIMカードの種類とサイズについて解説するとともに、SIMカードの種類とサイズを確認・変更する方法や注意点を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

SIMカードとは?


SIMカードとは、電話番号や契約者情報が記録されたICカードのことを言います。

SIMカードは、スマートフォンやタブレットで電話(通話・SMS(ショートメッセージサービス))やデータ通信(インターネット・メール)をするために必要不可欠なものです。

というのは、SIMカードをスマホやタブレットに挿入すれば、電話(通話・SMS)やデータ通信が可能になるからです。

逆にSIMカードが挿入されていないと、電話(通話・SMS)やデータ通信は使えません。

ただし、SIMカードにスマホやタブレットのすべてのデータが記録されているわけではなく、写真や音楽などのデータはスマホやタブレット端末に保存されています。

また、SIMカードには個人情報が記録されているため、不正に読み取られ、個人情報が漏洩しないようしっかりとしたセキュリティ対策が講じられています。スマホの機種変更や他の携帯電話会社への乗り換えをする場合、SIMカードの差し替えが必要になります。

SIMカードの種類とサイズ


SIMカードには、「標準SIM」「microSIM(マイクロSIM)」「nanoSIM(ナノSIM)」の3種類のサイズがあります。
SIMカードの種類と具体的なサイズをまとめると、次のようになります。

SIMカードの種類とサイズ一覧

種類幅×高さ厚み
サイズ新しさ
標準SIM15mm×25mm0.76mm大きい

 ↓

小さい
古い



新しい
microSIM12mm×15mm0.76mm
nanoSIM8.8mm×12.3mm0.67mm


このように、SIMカードは新しくなるほど、小さくなってきているという特徴があります。

ここからは、3種類のSIMカードについてそれぞれ解説します。

標準SIM(miniSIM(ミニSIM))

日本では「標準SIM」と呼ばれていますが、国際規格では「miniSIM(ミニSIM)」と言います。

標準SIMは3種類のSIMカードの中では、最も古く、最もサイズが大きいもので、2008年頃からiPhone 3G/3GSなどのスマホに搭載され普及しましたが、現在ではほとんど搭載されていません。

microSIM(マイクロSIM)

microSIM(マイクロSIM)は、標準SIMの次に登場したSIMカードで、標準SIMよりサイズが小さくなっています。

2010年頃からiPhone 4などのスマホに搭載されたmicroSIMは、多くの端末に搭載され、スマホの普及に大きく貢献しました。

現在でも、スマホ端末などに搭載されています。

nanoSIM(ナノSIM)

nanoSIM(ナノSIM)は、microSIMに続き登場したSIMカードで、最もサイズが小さくなったほか、厚みも薄くなっています。

2012年にiPhone 5に採用されて以降、多くのスマホ端末などに搭載され、現在ではSIMカードの主流になっています。

その他のSIMカード

3種類のSIMカードを解説しましたが、これ以外にもSIMカードはあります。

そこで、ここではその他のSIMカードとして、「マルチSIM」「eSIM」について解説します。

マルチSIM

標準SIM、microSIM(マイクロSIM)、nanoSIM(ナノSIM)のいずれにも、対応可能なSIMカードのことです。

台紙に固定されたICチップを、3種類のSIMカードのいずれかのサイズに切り離すことで、使用することができます。

そのため、すべてのスマホ端末に対応しています。

eSIM

eSIMとは、スマホなどの端末に内蔵されたSIMカードのことで、SIMカードの最新の規格です。

従来型のSIMカードのように端末に挿入する必要がないため、携帯電話会社のアプリや公式サイト上で通信プランを契約することにより、スマホなどの端末で電話やデータ通信を使用できます。

しかし、対応している端末が少ないことから、それほど普及していない状況です。

SIMカードの種類を確認するには

スマホの機種変更や携帯電話会社・MVNO(格安スマホを提供している会社)などへの乗り換えをする際、自分のスマホで使われているSIMカードの種類を確認する場合があります。

この場合、SIMカードの種類を確認するためには、次のような方法があります。

スマホの説明書

スマホを購入したときに付属している説明書(「仕様」のページ)を見れば、対応しているSIMカードの種類が確認できます。

説明書がない場合は、携帯電話会社の公式サイトからダウンロードできるので、試してみてください。

携帯電話会社やMVNO(格安スマホを提供している会社)の公式サイト

スマホなどのSIMカードの種類を確認するために、最も簡単な方法は携帯電話会社やMVNO(格安スマホを提供している会社)の公式サイトを確認することです。
これらの公式サイトでは、対応機種が掲載されていることから、SIMカードの種類も確認できます。
注意してほしいのは、公式サイト以外のサイトは、できるだけ見ないほうがいいということです。

というのは、公式サイト以外のサイトには、間違った情報が掲載されていたり、対応機種の掲載漏れがあったりするからです。

そのため、スマホのSIMカードの種類を確認する際は、公式サイトで確認してください。

スマホ端末からSIMカードを取り出す


自分のスマホ端末からSIMカードを取り出して、サイズを確認する方法です。
SIMカードを取り出したことのない方でも、簡単に取り出せますので、ぜひやってみてください。

多くのスマホでは、端末の側面からSIMカードを取り出せるようになっています。
SIMカードを取り出す際には、端末の購入時に付属されている「SIMピン」という小さな器具を使います。

端末の側面にある小さな穴にSIMピンを差し込むと、SIMカードを挿入する際に用いるSIMトレイが出てきます。
SIMトレイを引っ張り出せば、SIMカードが取り出せますので、取り出した後サイズを確認します。

SIMカードをスマホ端末から取り出すときの注意点

SIMカードをスマホ端末から取り出すときには、3つの注意点がありますので解説します。

スマホ端末の電源を切ってから取り出す

SIMカードを取り出す際には、スマホ端末の電源を切ってから取り出すようにしてください。
電源を入れたまま、SIMカードを取り出すと、不具合が生じるおそれがあるからです。

ただし、端末によってはSIMカードを取り出す際、自動的に電源が切れたり、機内モードでSIMカードの差替えが可能という端末もあります。
どちらにしても、スマホ端末の電源を切っておけば、安心してSIMカードを取り出すことができます。

SIMトレイ・SIMカードは慎重に取り出す

SIMカードをスマホ端末から取り出す際は、SIMカードをはめ込んだSIMトレイを慎重に取り出す必要があります。
というのは、SIMカードやSIMトレイを傷つけてしまったら、スマホ自体が使えなくなる可能性があるからです。
SIMカードを取り出す際には、決して、SIMトレイを強く引っ張ったり、強く押し込んだりせずに慎重に扱うことが重要です。

SIMピンを紛失してしまった場合

SIMピンはスマホ端末の購入時に付属されていることが多いのですが、小さいこともあり、紛失してしまう方がいるようです。

この場合、スマホ端末の側面の小さな穴に「SIMピンに代わる何か」を差し込むことができれば、SIMカードを取り出すことができます。

例えば、安全ピンや画びょうなどが、SIMピンの代わりに使えます。

SIMカードのサイズを変更する方法


スマホの機種変更や他の携帯電話会社などへの乗り換えをする場合など、SIMカードのサイズを変更する場合があります。

そこで、ここではSIMカードのサイズを変更する方法について解説します。

SIMカードのサイズを変更する場合とは?

SIMカードのサイズを変更する場合は確かにありますが、それほど多くはありません。

というのは、携帯電話会社・MVNO(格安スマホを提供している会社)間の乗り換えの場合、それぞれの会社がSIMカードのサイズを変更してくれるため、自分で変更する必要がないからです。

例えば、次のような乗り換えの場合は変更の必要がありません。

携帯電話会社 → 携帯電話会社 携帯電話会社 → MVNO MVNO    → 携帯電話会社 MVNO    → MVNO また、現在のスマホのSIMカードは、nanoSIMが主流になっていることから、そもそも変更する必要がないことが多いという事情もあります。

では、SIMカードのサイズを変更する必要があるのはどのような場合かというと、例えば、次のような場合です。

① 格安スマホを利用中に、機種変更(古いスマホ → 新しいスマホ)する場合 ② SIMカードの契約を結んだが、サイズを間違ってしまった場合 また、スマホで使っていたSIMカードをタブレットやモバイルルーターで使用する場合、SIMカードのサイズ変更が必要になることがあります。

タブレット等のSIMカードをスマホで使用する場合も同様です。

このような場合、SIMカードのサイズを変更しなければなりませんが、どのように対応すればいいのでしょうか。

SIMカードのサイズを変更する際は携帯電話会社やMVNOに申し込む

SIMカードのサイズを変更する必要がある場合、契約中の携帯電話会社やMVNO(格安スマホを提供している会社)などの会社に、SIMカードのサイズ変更・交換を申し込みます。

申し込み方法としては、携帯電話会社やMVNOの公式サイト、電話、店舗の3通りがあります。

いずれの場合も、申し込んでから1週間程度でSIMカードが自宅に届きますので、古いSIMカードと新しいSIMカードを交換・挿入して、初期設定後、スマホが正常に作動すれば、SIMカードのサイズ変更は完了です。

ただし、携帯電話会社やMVNOなどの会社にSIMカードのサイズ変更・交換を申し込んだ場合、2,000円~3,000円程度のSIMカード発行手数料がかかります。

また、変更後のSIMカードは携帯電話会社やMVNOに、郵送で返却してください。

SIMカードのサイズを自分で変更する方法

SIMカードのサイズを変更する方法には、携帯電話会社やMVNO(格安スマホを提供している会社)に申し込む以外に、自分で変更する方法もあります。

「SIMカッター」「SIM(変換)アダプター」という器具を使って、自分でSIMカードのサイズを調整する方法です。

SIMカッターは、SIMカードをカットすることで、サイズを小さくすることができ、「microSIM」から「nanoSIM」に変更する場合に使うことが多いです。

一方、SIM(変換)アダプターは、SIMカードをSIMアダプター(SIMトレイのようなもの)の枠にはめることで、サイズを大きくすることができ、「nanoSIM」から「microSIM」に変更する場合に使うことが多いです。

ただし、これらの方法は、決しておすすめすることはできません。

SIMカードのサイズを変更する際の注意点

自分でSIMカードのサイズを変更するにあたっては、いくつかの注意点があります。

先ほど解説したように「SIMカッター」「SIM(変換)アダプター」という器具を使って、自分でSIMカードのサイズを調整する方法は、決しておすすめできません。

というのは、SIMカードは携帯電話会社やMVNO(格安スマホを提供している会社)からの貸与品であり、改造行為が禁止されているからです。

しかも、「SIMカッター」「SIM(変換)アダプター」は上手く使わないと、SIMカードを傷つけるおそれもあります。

したがって、自分でSIMカードのサイズを変更することは、おすすめできません。

SIMカードに関する用語解説

SIMカードの種類やサイズなどについて解説してきましたが、ここではSIMカードに関する用語解説として、「SIMロック解除」「SIMフリー」を解説します。

SIMロック解除とは

SIMロック解除とは、スマホ端末に掛けられた購入した会社のSIMカードしか利用できないという制限(「SIMロック」)を解除することです。

SIMロック解除をされたスマホは、どの会社のSIMカードを挿入しても利用できるようになります。

このようなスマホを「SIMフリー(スマホ)」と言います。

SIMロック解除の手続きは、スマホ端末を購入した携帯電話会社で申し込みを受け付けています。

携帯電話会社の公式サイトや電話、店頭などで受け付けており、条件や料金は携帯電話会社ごとに違っていますので、事前に確認してください。

SIMフリーとは

SIMフリーとは、購入した会社のSIMカードだけでなく、他社のSIMカードを挿入しても利用できるスマホ端末のことです。

言い換えると、SIMロックが解除された端末のことです。

SIMフリーのスマホには、次のように2種類の端末があります。

・大手携帯キャリアのSIMロックが解除された端末 ・SIMフリーとして販売された端末

まとめ

この記事では、SIMカードの種類とサイズについて解説するとともに、SIMカードの種類とサイズを確認・変更する方法や注意点を解説してきました。

SIMカードは3種類のサイズがあり、スマホの携帯電話会社や機種ごとに使われているSIMカードは違っています。

そのため、機種変更や他の携帯電話会社への乗り換えをする場合、自分がスマホで使われているのSIMカードの種類を確認し、携帯電話会社に伝える必要があります。

また、SIMカードのサイズを変更する場合には、自分で調整するのではなく、携帯電話会社に申し込むことをおすすめします。

スマホの機種変更や乗り換えの際、SIMカードの変更・交換が必要な場合は、この記事を参考にしてください。

関連の記事