【2023年】ドコモ回線の格安SIMのおすすめ9選!通信速度や料金を比較

2023.10.31

「ドコモ回線の格安SIMのおすすめはどこ?」
「ドコモ回線の格安SIMを通信速度や料金で比較して選びたい」

そう感じていませんか。

今回は、ドコモ回線の格安SIMについて次の内容で解説します。

● ドコモ回線の格安SIMのおすすめはHISモバイル
● 【一覧】ドコモ回線の格安SIMおすすめ9社
● 【通信速度】ドコモ回線の速い格安SIMのおすすめ比較
● 【料金】ドコモ回線の安い格安SIMのおすすめ比較
● ドコモ回線の格安SIMを利用するメリット
● ドコモ回線の格安SIMを利用するデメリット

最後まで読むことで、ドコモ回線の格安SIMのおすすめやそれぞれの特徴がわかり、最適な選択ができるようになるでしょう。

ドコモ回線の格安SIM選びに不安や疑問がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

Contents

【結論】ドコモ回線の格安SIMのおすすめはHISモバイル

総合的な結論として、ドコモ回線の格安SIMのおすすめはHISモバイルです。

・ドコモ回線の格安SIMのなかで通信速度が最速
・ドコモ回線の格安SIMのなかで料金が最安級

しかし、「自分でおすすめのドコモ回線の格安SIMを見比べた上で、納得して選びたい」という方もいるでしょう。どのような条件を希望するかにより最適な格安SIMは異なります。

次の章では、ドコモ回線の格安SIMのおすすめ9社を詳しく見ていきましょう。

【一覧】ドコモ回線の格安SIM9おすすめ9社

ドコモ回線の格安SIMのおすすめは以下の9社です。

格安SIM基本料金 (音声通話SIM)通信速度基本通話料かけ放題 (月額)eSIM対応
HISモバイル100MB未満:290円〜
1GB:550円
3GB:770円
7GB:990円
20GB:2,190円※5分かけ放題付
50GB:5,990円※5分かけ放題付
下り:77.74Mbps
上り:19.88Mbps
9円/30秒5分かけ放題:500円
完全かけ放題:1,480円  
ahamo20GB:2,970円
100GB:4,950円(ahamo大盛りオプション追加時)
下り:70.42Mbps
上り:9.46Mbps
22円/30秒無制限:1,100円
5分以内:無料(プランに付帯)
irumo0.5GB:550円
3GB:2,167円※割引適用で880円
6GB:2,827円※割引適用で1,540円
9GB:3,377円※割引適用で2,090円
未計測22円/30秒5分かけ放題:880円
完全かけ放題:1,980円
eximo〜1GB:4,565円※割引適用で2,178円
1GB〜3GB:5,665円※割引適用で3,278円
3GB〜無制限:7,315円※割引適用で4,928円
未計測22円/30秒5分かけ放題:880円
完全かけ放題:1,980円
mineo▼マイピタ
お試し200MB:データ通信SIM330円
・音声通話SIM1,100円
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
▼マイそく
最大32kbps:250円
最大300kbps:660円
最大1.5Mbps:990円
最大3Mbps:2,200円
下り:41.89Mbps
上り:10.38Mbps
22円/30秒10分かけ放題:550円 時間無制限かけ放題:1,210円    
IIJmio2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
下り:40.47Mbps
上り:9.19Mbps
11円/30秒通話定額5分+:500円
通話定額10分+:700円
かけ放題+:1,400円
BIGLOBEモバイル1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
12GB:3,740円
20GB:5,720円
30GB:8,195円
下り:17.79Mbps
上り:8.63Mbps
22円/30秒
※専用アプリ使用で9.9円/30秒
10分かけ放題:913円
通話パック90:913円
3分かけ放題:660円
通話パック60:660円
×
イオンモバイル▼音声プラン
0.5GB:803円
1GB:858円
2GB:968円
3GB:1,078円
4GB:1188円
5GB:1298円
6GB:1408円
7GB:1,518円
8GB:1,628円
9GB:1,738円
10GB:1,848円
20GB:1,958円
30GB:3,058円
40GB:4,158円
50GB:5,258円
下り:41.55Mbps
上り:12.86Mbps
11円/30秒イオンでんわ5分かけ放題:550円
イオンでんわ10分かけ放題:935円
イオンでんわフルかけ放題:1,650円
×
トーンモバイル1,100円下り:18.64Mbps
上り:10.08Mbps
11円/30秒
※トーンモバイル同士は無料
かけ放題:770円

※金額は税込価格

※料金・基本通話料・かけ放題・eSIM対応は各社の公式サイト、通信速度はみんなのネット回線速度を参照(2023/09/28時点)

1.HISモバイル|最速・最安級の格安SIMならこれ一択

HIS(エイチアイエス)モバイルは最速級・最安級を誇るドコモ回線の格安SIMです。

・ドコモ回線の格安SIMで通信速度が最速級
・最安190円(データ通信SIM)・290円(音声通話SIM)から利用可能
・データ通信量20GB+5分かけ放題が2,190円で最安級
・基本通話料も業界最安9円/30秒(専用アプリ不要)

どのギガ数も最安級であることが大きな魅力です。990円で7GBまで使えるため、一般的な利用であればスマホ料金を月額1,000円以内に抑えられます。

さらに2,190円で20GBにプラスして5分かけ放題が利用できるのは破格の金額といえるでしょう。

「コスパのいい格安SIMを選びたい」「月額料金をできるだけ抑えたい」という方におすすめです。

料金100MB未満:290円〜
1GB:550円
3GB:770円
7GB:990円
20GB:2,190円※5分かけ放題付
50GB:5,990円※5分かけ放題付
通信速度下り:77.74Mbps
上り:19.88Mbps
上限超過時の速度最大200Kbps
基本通話料9円/30秒
かけ放題オプション5分かけ放題:500円
完全かけ放題:1,480円
初期費用事務手数料3,300円
eSIM対応
支払い方法クレジットカード

2.ahamo|ドコモ直営でキャリアに近い高品質な通信

ahamo(アハモ)はドコモが提供する格安料金プランです。直営のためキャリアに近い通信速度と安定性が魅力となっています。

・20GBか100GBのシンプルな料金プラン
・国内通話料金は5分無料が標準装備
・店舗で申し込みや相談はできないので注意

なお、料金をdカードで支払うと1GB、dカードゴールドで支払うと5GBが追加で付与されます。

「外出先でたくさん利用したい」「テザリングして使いたい」「普段からdカードで支払いをしている」という方におすすめです。

料金20GB:2,970円
100GB:4,950円(ahamo大盛りオプション追加時)
通信速度下り:70.42Mbps
上り:9.46Mbps
上限超過時の速度最大1Mbps
基本通話料5分無料
※超過後は 22円/30秒
かけ放題オプション5分かけ放題:無料
完全かけ放題:1,100円
初期費用無料
eSIM対応
支払い方法クレジットカード 口座振替

3.irumo|ドコモ直営でデータ量は少なくライトに使いたい方向け

 irumo(イルモ)はドコモが2023年7月1日から提供を開始した新しい格安料金プランです。低容量の料金プランを揃えています。

・0.5GB・3GB・6GB・9GBの4つの料金プラン
・店舗で契約・相談ができるので安心

基本料金は高めで、割引の適用を考慮した価格設定となっています。セット割やdカードによる支払い割を利用しましょう。

なお、ドコモのキャリアメールを利用したい場合は月額330円で利用できます。

「データ利用量が少ない」「割引の適用を前提として利用するつもりだ」「店舗で契約・相談したい」という方におすすめです。

料金0.5GB:550円
3GB:2,167円※割引適用で880円
6GB:2,827円※割引適用で1,540円
9GB:3,377円※割引適用で2,090円
※ドコモ光セット割/home 5Gセット割-1,100円
※dカードお支払割-187円
通信速度未計測
上限超過時の速度0.5:128kbps
3〜9GB:300kbps
基本通話料22円/30秒
かけ放題オプション5分かけ放題:880円
完全かけ放題:1,980円
初期費用オンライン申し込み:無料
店舗申し込み:事務手数料3,850円
eSIM対応
支払い方法クレジットカード 口座振替

4.eximo|ドコモ直営でデータ無制限で動画やゲームを楽しめる

eximo(エクシモ)はドコモが2023年7月1日から提供を開始した新しい格安料金プランです。低容量から無制限まで対応しています。

・データ利用料に応じて自動で料金が決まる
・店舗で契約・相談ができるので安心
・低容量しか使わない人には割高なので注意

irumoと同様に基本料金が高く、割引の適用を考慮した価格設定となっています。セット割やdカードによる支払い割を利用しましょう。

「データ利用量無制限で使いたい」「割引の適用を前提として利用するつもりだ」「店舗で契約・相談したい」という方におすすめです。

料金〜1GB:4,565円※割引適用で2,178円
1GB〜3GB:5,665円※割引適用で3,278円
3GB〜無制限:7,315円※割引適用で4,928円
※みんなドコモ割(3回線以上)-1,100円
※ドコモ光セット割/home 5G セット割-1,100円
※dカードお支払割-187円
通信速度未計測
上限超過時の速度最大1Mbps
基本通話料22円/30秒 ※「ファミリー割引」グループ内通話無料
かけ放題オプション5分かけ放題:880円
完全かけ放題:1,980円
初期費用オンライン申し込み:無料
店舗申し込み:事務手数料3,850円
eSIM対応
支払い方法クレジットカード 口座振替

5.mineo|最大通信速度で選べるデータ無制限プランが魅力

mineo(マイネオ)はデータ利用量のほか、最大通信速度で選べるデータ無制限の料金プランが特徴です。

・データ利用量は1GB・5GB・10GB・20GBの4つの料金プラン
・最大通信速度は32kbps・300kbps・1.5Mbps・3Mbpsの4つの料金プラン
・店舗でもオンラインでもサポートが充実

通常の料金プランのほか、使い心地を確かめられるお試し200MBコースも提供しています。

「データ利用量を気にせず使いたい」「通信速度で選びたい」「まずはお試しで使い始めたい」という方におすすめです。

料金▼マイピタ
お試し200MB:データ通信SIM330円
・音声通話SIM1,100円
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円  
▼マイそく
最大32kbps:250円
最大300kbps:660円
最大1.5Mbps:990円
最大3Mbps:2,200円
通信速度下り:41.89Mbps
上り:10.38Mbps
上限超過時の速度最大200kbps
基本通話料22円/30秒
かけ放題オプション10分かけ放題:550円
時間無制限かけ放題:1,210円
※かけ放題以外の通話オプションあり
初期費用200MB:事務手数料550円
1GB〜20GB:事務手数料3,300円、SIMカード発行料/eSIMプロファイル発行料440円
eSIM対応
支払い方法クレジットカード
デビットカード(プリペイドカード)
口座振替※eo光契約者のみ対象

6.IIJmio|データ利用量やかけ放題を柔軟に選べる

IIJmio(アイアイジェイミオ)は、データ利用量やかけ放題を細かく選べることが魅力です。

・データ通信量20GBで2,000円と最安級
・かけ放題オプションが5分・10分・無制限から選べる

「20GB以下で自分にぴったりのプランを選びたい」「金額をできるだけ抑えたい」という方におすすめです。

料金2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
通信速度下り:40.47Mbps
上り:9.19Mbps
上限超過時の速度最大300kbps
基本通話料11円/30秒
かけ放題オプション通話定額5分+:500円
通話定額10分+:700円
かけ放題+:1,400円
初期費用3,300円
SIMカードの場合:手数料0円〜446.6円
eSIMの場合:手数料220円〜433.4円
eSIM対応
支払い方法クレジットカード

7.BIGLOBEモバイル|エンタメフリー・オプションでお得

BIGLOBE(ビッグローブ)モバイルは「エンタメフリー・オプション」により人気のサービスをデータ利用量ノーカウントで楽しめることが魅力です。

・エンタメフリー・オプションで対象21サービスがノーカウント
・対象サービスは速度制限なしでサクサク見られる
・eSIMには対応していないことに注意

音声通話SIMなら基本料金に308円をプラスするだけで、データ利用量を消費せずに幅広いサービスを利用できます。

「YouTubeやU -NEXTで動画をたくさん見たい」「SpotifyやApple Musicで音楽を思い切り楽しみたい」という方におすすめです。

料金1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
12GB:3,740円
20GB:5,720円
30GB:8,195円
通信速度下り:17.79Mbps
上り:8.63Mbps
上限超過時の速度最大200kbps
基本通話料22円/30秒
※専用アプリ使用で9.9円/30秒
かけ放題オプション10分かけ放題:913円
通話パック90:913円
3分かけ放題:660円
通話パック60:660円
初期費用プラン申込手数料3,300円
SIMカード準備料433円
eSIM対応×
支払い方法クレジットカード 口座振替

8.イオンモバイル|0.5GB〜50GBまで幅広いラインナップ

イオンモバイルは、全国展開しているイオンが提供する格安SIMです。

  • 10GBまで1GBずつきざんだ料金設定
  • 自分の利用量に合わせて細かくプランを選択できる
  • 全国200店舗以上のイオンで申込手続きができる

契約後もイオンでサポートサービスを受けられるため、普段からイオンを利用している方は気軽に立ち寄れることも嬉しいポイント。

「自分の利用量にぴったりのギガ数を選びたい」「近隣のイオン店舗をよく利用している」という方におすすめです。

料金▼音声プラン
0.5GB:803円
1GB:858円
2GB:968円
3GB:1,078円
4GB:1188円
5GB:1298円
6GB:1408円
7GB:1,518円
8GB:1,628円
9GB:1,738円
10GB:1,848円
20GB:1,958円
30GB:3,058円
40GB:4,158円
50GB:5,258円  
※シェアプラン・データプランは公式サイトをご確認ください
通信速度下り:41.55Mbps
上り: 12.86Mbps
上限超過時の速度最大200kbps
基本通話料11円/30秒
かけ放題オプションイオンでんわ5分かけ放題:550円
イオンでんわ10分かけ放題:935円
イオンでんわフルかけ放題:1,650円
初期費用SIMカード代金(事務手数料相当額)3,300円
eSIM対応×
支払い方法クレジットカード

9.トーンモバイル|料金プランは1,100円だけのシンプル設計

トーンモバイルは動画視聴以外のデータ容量が無制限の格安SIMです。

・インターネット使い放題(動画は1GBまで)
・追加の動画視聴はチケット制でお得に使える
・「090」「050」の2つの電話番号を使える

追加で動画を視聴したい場合、1GB330円でチケットを購入して利用できます。

アプリ制限機能やGPS見守り機能、自画撮り被害防止など、子どもの見守り機能が充実しています。中高生のスマホにぴったりです。

「子どもに持たせたい」「スマホ料金が高額になるリスクを避けたい」という方におすすめです。

料金1,100円
通信速度下り:18.64Mbps
上り:10.08Mbps
上限超過時の速度非公開
基本通話料11円/30秒
※トーンモバイル同士は無料
かけ放題オプションかけ放題:770円
初期費用契約事務手数料3,300円
SIMカード手配料433円
eSIM対応
支払い方法クレジットカード

【通信速度】ドコモ回線の速い格安SIMのおすすめ比較

ドコモ回線の格安SIMのおすすめで通信速度が速いのは下記です。

格安SIM通信速度
HISモバイル下り:77.74Mbps
上り:19.88Mbps
ahamo下り:70.42Mbps
上り:9.46Mbps

みんなのネット回線速度を参照(2023/09/28時点)

通信速度は下りの速度が特に重要になるため、確認しておきましょう。

【料金】ドコモ回線の安い格安SIMのおすすめ比較

ドコモ回線の格安SIMのおすすめで料金が安いのは下記です。

条件安い格安SIMプラン
最小限のデータ量・mineo 最大32kbps:250円
・HISモバイル 100MB未満:290円〜
3GB・HISモバイル 770円
7GB・HISモバイル 990円
10GB・IIJmio 1,500円
20GB・イオンモバイル 1,958円
・IIJmio 2,000円
・HISモバイル 2,190円
※5分かけ放題
データ量無制限・mineo 最大32kbps:250円
最大300kbps:660円
最大1.5Mbps:990円
最大3Mbps:2,200円
・トーンモバイル 1,100円※動画以外
通話基本料金HISモバイル 9円/30秒

単純なデータ量だけではなくかけ放題が自動付与されているものもあるため、その点を考慮してどれが安いかを判断することが大切です。

ドコモ回線の格安SIMを利用するメリット

ドコモ回線の格安SIMを利用するメリットは下記の3つです。

1.利用料金を3,000円以下に抑えられる
2.自分に合わせた機能やデータ量を選べる
3.対応エリアが広く山・海にも強い

1.利用料金を3,000円以下に抑えられる

ドコモ回線の格安SIMを選ぶと、一般的な使用であれば月々の利用料金を3,000円以下に抑えられます。

基本的に利用者のおよそ90%は20GB以下で利用しており、各社の20GBの料金は2,000円〜3,000円程度であることが多いためです。

格安SIMによっては20GBにかけ放題をプラスしても3,000円を下回るケースがあります。

たとえば、HISモバイルは20GBを選択すると5分間のかけ放題が無料で付与されて2,190円という価格設定です。

現在、スマホにかかる利用料金が3,000円より高い方は、ドコモ回線の格安SIMに乗り換えることで数千円安くなる可能性があります。

2.自分に合わせた機能やデータ量を選べる

ドコモ回線の格安SIMを選ぶメリットとして、自分に合わせた機能やデータ量を柔軟に選べることが挙げられます。

普段のデータ利用量が3GB程度なのに、20GB分の料金を支払っていたら割高です。自分のデータ利用量を把握して、ぴったりのデータ容量を選ぶと料金を抑えられます。

また格安SIMの会社により、さまざまな機能やデータ量が用意されているため、無駄を省きながら必要な部分は付け加えて利用可能です。

たとえば、動画やゲームを楽しむことが多い場合、データ量が多い料金プランを選んだり、カウントフリー機能をつけたりすることで、快適に利用できます。

・動画を見ることが多いならカウントフリー機能がある格安SIM
・家族みんなで契約するなら家族割引がある格安SIM
・子どもにスマホを持たせるなら見守り機能が充実した格安SIM
・海外に行くことが多いなら海外対応の格安SIM

格安SIM選びでは機能やデータ量に注目し、自分の利用状況に最適なものを選びましょう。

3.対応エリアが広く山・海にも強い

ドコモ回線の格安SIMは、対応エリアが広く山・海にも強いというメリットがあります。

ドコモ回線は専用アンテナや小型基地局を数多く設置しており、大手キャリアのなかでも優れた通信安定性・高速通信が魅力です。

電波が届きにくい山や海でもスマホが使えるため、対応エリアの広さを重視する方にもおすすめです。

ただし、5Gの基地局はソフトバンクのほうが多い[11] ため、ソフトバンクに劣る可能性があることに注意しましょう。

ドコモ回線の格安SIMを利用するデメリット

ドコモ回線の格安SIMを利用するデメリットは以下の3つです。

1.実店舗サポートに対応している格安SIMは一部のみ
2.大手キャリアより通信品質が落ちやすい
3.大手キャリアの各種サービスを利用できない可能性がある

1.店舗サポートに対応している格安SIMは一部のみ

ドコモ回線の格安SIMを利用するデメリットとして、店舗サポートに対応している格安SIMが一部のみであることが挙げられます。

基本的に格安SIMはネット申し込みを前提としたものが多いです。店舗を構えないことでテナント代や人件費などのコストを削減し、格安の料金を実現しています。

そのため、そもそも店舗がない格安SIMが多く、直接サポートを受けにくい側面があります。格安SIMの契約は自分でネットから申し込み、初期設定をしなければなりません。

ただ、近年はirumoやeximo、mineoやイオンモバイルなど店舗を持つ格安SIMも増えてきました。

「自分でSIMの初期設定をすることに不安がある」「乗り換え手続きはすべてサポートしてもらいたい」という方は、店舗でサポートを受けられる格安SIMを選びましょう。

2.大手キャリアより通信品質が落ちやすい

ドコモ回線の格安SIMは、大手キャリアと比較して通信品質が落ちやすいデメリットがあります。

格安SIMを提供する会社(MVNO)は、大手キャリアの通信回線を借りることで格安料金でサービスを提供しています。大手キャリアから借りる通信回線の量はMVNOにより異なり、一般的に量が多いほど通信が安定して速度が速くなる仕組みです。

また、大手キャリアから借りた通信回線をMVNOの利用者間で分け合う仕組みのため、利用者の増減も通信の安定性・速度に影響します。

以上の理由により、格安SIMは大手キャリアより通信品質が落ちやすいのです。

3.大手キャリアの各種サービスを利用できない可能性がある

ドコモ回線の格安SIMを契約すると、大手キャリアの各種サービスを利用できない可能性があります。

具体的には、以下のサービスが利用できないことがあります。

キャリアメール
ポイントサービス
家族間通話無料サービス
データ量の繰越機能

大手キャリアが提供している格安SIM(格安料金プラン)の場合も、キャリアのサービスを利用できないことがあるため、注意しましょう。

ドコモ回線の格安SIMに関してよくある質問

ドコモ回線の格安SIMに関してよくある質問をまとめました。

Q1.ドコモ回線の格安SIMはどのような人におすすめ?
Q2.ドコモ回線の格安SIMに乗り換えるおすすめのタイミングは?
Q3.ドコモ回線の格安SIMへの乗り換えはネットで申込手続きできる?

Q1.ドコモ回線の格安SIMはどのような人におすすめ?

ドコモ回線の格安SIMは下記の人におすすめです。

・毎月のスマホ料金をできるだけ安く抑えたい
・対応エリアが広い格安SIMを選びたい

一方で「料金が高めでも確実に安定した通信品質を保ちたい」「5Gの対応エリアが広い回線を選びたい」という方は、別のキャリア・回線を選ぶといいでしょう。

Q2.ドコモ回線の格安SIMに乗り換えるおすすめのタイミングは?

ドコモ回線の格安SIMに乗り換えるおすすめのタイミングは下記です。

・一般的な使い方で毎月のスマホ料金が3,000円を超えているとき
・自分のデータ利用量に対して毎月支払っている料金が割高なとき
・格安SIMの会社がお得なキャンペーンを実施しているとき
・まずは自分の利用状況を把握し、料金が適正かを確認してみましょう。

Q3.ドコモ回線の格安SIMへの乗り換えはネットで申込手続きできる?

ドコモ回線の格安SIMへの乗り換えはネットで申込手続きが可能です。契約したい格安SIMの公式サイトから申込手続きを進めましょう。

ネットで申込手続きをした場合、SIMカードを選択すれば数日後にSIMカードが郵送で届きます。自分でSIMカードを端末に挿入し、初期設定を行いましょう。

eSIMを選択した場合は端末で案内通りに進めていくと、最短即日で契約が完了します。郵送の受け取りをする手間が省け、すぐに乗り換えたいときに便利です。

ドコモ回線の格安SIMのおすすめを把握して選ぼう!

今回はドコモ回線の格安SIMのおすすめを解説しました。

ドコモ回線の格安SIMの総合的なおすすめはHISモバイルです。最安級の料金でコストパフォーマンスが高く、通信速度も高速といえます。

ご自身の利用状況により、最適な格安SIMは異なるため、本記事を参考にぴったりの格安SIMを選んでください。

関連の記事

当サイトでは、サイトの利便性向上のため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイトのクッキー(Cookie)の使用に関しては、「プライバシーポリシー」をお読みください。

同意する