無料通話ができる格安SIMは?無制限かけ放題プランのおすすめを紹介

2022.07.29

「無料通話ができる格安SIMってどれ?」
「どの格安SIMの通話料が最も安い?」
と考えていませんか。

本記事では、

・【結論】自分の通話利用状況によって最安の格安SIMは変わる!
・【月額3,500円以下】通話無料/かけ放題プランがある格安SIM一覧
・【通話料金を抑えたい】自分に最適な格安SIMを選ぶポイント
・格安SIMのかけ放題&通話無料の注意点

という流れで、通話料を無料もしくは安く抑えられる格安SIMについて解説します。

この記事を読めば、自分に合った格安SIMがわかり、毎月の料金を抑えながら通話を楽しめるようになるでしょう。

今回は、通話料込み月額3,500円以下で利用できる格安SIMをまとめたので、「最安の格安SIMを選びたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

Contents

【結論】自分の通話利用状況によって最安の格安SIMは変わる!

結論として、現在の通話利用状況によりどの格安SIMが最安かは変わってきます。

そのため、自分の通話利用状況を把握して、最適な格安SIMを選ぶことが大切です。

たとえば、たまにしか通話しないのでかけ放題のプランを選ぶほどではないけど、料金は安くしたいという方は、基本の通話料が安い格安SIMが適しています。

一方で毎月頻繁に長時間の通話をしたいという方は、かけ放題のプランがある格安SIMがお得です。

あなたの通話利用状況をチェックして、最適な格安SIMを選びましょう。

基本の通話料を安くしたい人は「HISモバイル」|通話料最安9円/30秒

「たまに通話するときの料金を安くしたい!」という方は、基本の通話料が業界最安値の「HISモバイル」がおすすめです。

HISモバイルは、基本の通話料がなんと9円/30秒。
一般的な格安SIMの通話料が11〜22円/30秒であるのに対して半額以上です。

HISモバイルは通話料だけでなく、7GB以下のデータ容量も業界最安級で、通話からネットまでお得に利用できます。

「通話もネットも安くしたい!」という方にぴったりの格安SIMです。

長時間通話したい人は「楽天モバイル」|通話無料&かけ放題最安1,078円〜

「頻繁に長時間通話したい!」という方は、通話無料&かけ放題が最安の「楽天モバイル」が適しています。

楽天モバイルは、専用のアプリを利用することで国内通話料が無料になり、基本のデータ料金のみで通話が思う存分楽しめる点が魅力です。

専用のアプリはiPhoneとAndroidのどちらでも利用でき、相手がアプリ利用なしでも楽天モバイルユーザーではなくても、無料で通話できます。

また、有料プランを申し込めば、スマホ標準の電話アプリでも1回15分までなら何回でもかけ放題です。

楽天モバイルの公式メール「楽メール」で「@rakumail.jp」のドメインのメールも利用できます。

「専用アプリを使ってもいいから、時間を気にせずに通話を楽しみたい!」という方は、楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

【月額3,500円以下】通話無料/かけ放題プランがある格安SIM一覧

「実際に自分でいろいろな格安SIMを見比べて、ぴったりのものを選びたい!」という方に向けて、通話料込み月額3,500円以下で利用できる格安SIMをまとめました。

▼【月額3,500円以下】通話無料/かけ放題プランがある格安SIM一覧(料金は税込表示)

格安SIM無制限かけ放題込みの月額料金基本使用料(音声通話SIM)かけ放題(制限あり)かけ放題(無制限)基本通話料通話専用アプリ【ケース①】
3GB+無制限かけ放題の月額料金
【ケース②】
7GB+無制限かけ放題の月額料金
【ケース③】
20GB+無制限かけ放題の月額料金
HISモバイル790円〜290円〜5分かけ放題:500円完全かけ放題:1,480円9円/30秒不要2,250円2,470円3,670円
楽天モバイル1,078円〜1,078円〜アプリ未使用・
15分かけ放題:1,100円
アプリ使用:無料
アプリ使用:無料アプリ未使用:22円/30秒
アプリ使用:無料
必要1,078円※アプリ使用2,178円※アプリ使用2,178円※アプリ使用
mineo1,508円〜1,298円〜10分かけ放題:550円無制限かけ放題:1,210円11円/30秒不要2,728円※5GB3,168円※10GB3,388円
IIJmio1,950円〜550円〜通話定額5分+:500円
通話定額10分+:700円
かけ放題:1,400円11円/30秒不要※家族割の利用には必要2,390円※4GB2,900円※8GB3,400円
UQモバイル3,498円〜1,628円〜最大60分/月の国内通話が定額通話パック:550円
国内通話10分かけ放題:770円
国内通話かけ放題:1,870円22円/30秒不要3,498円4,598円※15GB5,698円※25GB
LINEMO2,640円〜990円〜5分以内の国内通話が無料:550円国内通話定額:1,650円22円/ 30秒不要2,640円4,378円※20GB4,378円

比較すると、アプリ不使用で3GB、7GBまでの最安は「HISモバイル」、20GBは「mineo」。 アプリ使用での最安は「楽天モバイル」となりました。

ただし、上記は基本料金の比較で、キャンペーンや他のオプション料金などは含まれていません。

各格安SIMについて詳しく解説しますので、気になる格安SIMは公式サイトでチェックしてみてください。
それでは順番に見ていきましょう。

1. HISモバイル|通話料業界最安&7GB以下最安級でバランス◎

「HISモバイル」は、基本通話料が業界最安でありながら、7GB以下でも最安級というバランスの良い格安SIMです。

▼HISモバイルのかけ放題

かけ放題5分500円
完全かけ放題1,480円

3,500円以下で利用できるデータ容量+無制限かけ放題のプランを以下にまとめました。

・1GB未満:1,770円
・1GB:2,030円
・3GB:2,250円
・7GB:2,470円

アプリを使用せずに通話料を抑えるなら最適な格安SIMといえるでしょう。

無制限かけ放題のオプションを使用しなくとも、基本通話料が9円/30秒なのでリーズナブルに通話を楽しめます。

2. 楽天モバイル|アプリ利用で20GB無制限通話無料2,178円

「楽天モバイル」は、専用アプリ「Rakuten Link」の利用で通話料が無料になる最安の格安SIMです。

▼楽天モバイルのかけ放題

専用アプリ使用無料
専用アプリ不使用・5分かけ放題1,100円

3,500円以下で利用できるデータ容量+無制限かけ放題のプランを以下にまとめました。

・3GB:1,078円(専用アプリ不使用・5分かけ放題:2,178円)
・20GB:2,178円(専用アプリ不使用・5分かけ放題:3,278円)
・無制限:3,278円(専用アプリ不使用・5分かけ放題:4,378円)

楽天モバイルは専用アプリを利用することで通話料が無料になり、基本使用料のみで通話を使い放題なことが最大の魅力です。

20GBや無制限の基本利用料が業界最安値のため、大きなデータ容量を利用したい方にはぴったりでしょう。

ただし、専用アプリ不使用で利用できる無制限かけ放題のオプションはありません。
「専用アプリを利用してもいいから、とにかく最安でかけ放題を使いたい!」という方に適しています。

3. mineo|かけ放題キャンペーンで初月無料&割引

「mineo」は、アプリ不使用の20GB以上で最安の格安SIMです。

さらに現在は、かけ放題キャンペーンで初月無料&割引を実施しています。

▼mineoのかけ放題

10分かけ放題550円キャンペーンで1〜6ヶ月目まで無料・7〜12ヶ月目まで440円(月額110円割引)
時間無制限かけ放題1,210円キャンペーンで初月無料・2〜12ヶ月目まで990円(月額220円割引)

3,500円以下で利用できるデータ容量+無制限かけ放題のプランを以下にまとめました。

・1GB:2,508円
・5GB:2,728円
・10GB:3,168円
・20GB:3,388円

キャンペーンも利用すればもっと安く利用できるでしょう。

基本料金でもアプリ不使用の20GBの料金は最安なので、「スマホの標準アプリで通話したいしネットもたくさん楽しみたい!」という方におすすめです。

4. IIJmio|アプリ利用&ファミリー通話割引で家族への通話も安い

「IIJmio」は、専用アプリ「みおふぉんダイアルアプリ」の利用で通話料金を抑えられる格安SIMです。

▼IIJmioのかけ放題

みおふぉんダイアル通話定額5分+500円
みおふぉんダイアル通話定額10分+700円
みおふぉんダイアルかけ放題+1,400円

さらに「ファミリー通話割引」を利用すれば、通常11円/30秒の基本通話料が8.8円/30秒になります。

3,500円以下で利用できるデータ容量+無制限かけ放題のプランを以下にまとめました。

・2GB:2,250円
・4GB:2,390円
・8GB:2,900円
・15GB:3,200円
・20GB:3,400円

「特に、家族同士の通話を安くしたい」という方は検討してみてはいかがでしょうか。

5. UQモバイル|選べる3種類のかけ放題オプション

「UQモバイル」は、通話料によって選べる3種類のかけ放題オプションがあります。

▼UQモバイルのかけ放題

通話パック(60分/月)550円
かけ放題(10分/回)770円
かけ放題(24時間いつでも)1,870円

3,500円以下で利用できるデータ容量+無制限かけ放題のプランを以下にまとめました。

・3GB:3,498円

UQモバイルはデータ容量と無制限かけ放題のプランの料金が比較的割高です。

ほかの格安SIMにはない通話パック(60分/月)が特徴ではあるものの、他社のかけ放題の方がデータ容量も多く無制限のかけ放題でより安いものがあるので、あえて選ばなくてもいいでしょう。

6. LINEMO|国内通話オプションがキャンペーン適用で1,100円

「LINEMO」は、選べる2つのかけ放題オプションがある格安SIMです。

現在、国内通話オプションがキャンペーン適用で安く利用できます。

▼LINEMOのかけ放題

5分/回以内の国内通話が無料「通話準定額」550円キャンペーン適用価格0円※LINEMO契約から1年後まで
国内通話無料「通話定額」1,650円キャンペーン適用価格1,100円※LINEMO契約から1年後まで

3,500円以下で利用できるデータ容量+無制限かけ放題のプランを以下にまとめました。

・3GB:2,640円

キャンペーンで5分以内の国内通話料が無料になるのはお得ですね。

なお、LINEMOはLINEがギガフリーで利用できるので、「LINEをよく利用する」という方にも適しています。

無料のLINE通話と組み合わせて利用すれば、通話料もかなり抑えられるでしょう。

【通話料金を抑えたい】自分に最適な格安SIMを選ぶポイント

格安SIMについてご紹介してきましたが、「結局どうやって選べばいいのかわからない」という方もいるでしょう。

そこでここでは、自分に最適な格安SIMを選ぶポイントを3つお伝えします。

1.月当たりのデータ量と通話時間を把握する
2.利用状況に適した格安SIMのプラン・オプションを検討する
3.総合的な料金や通信速度などを考慮して選ぶ

詳しく見ていきましょう。

1. 月当たりのデータ量と通話時間を把握する

まずは、自分が普段どれくらいのデータ量と通話時間を使っているのかを把握することが大切です。

利用状況を把握することで、必要なデータ量と通話時間がわかり、過不足なくぴったりの格安SIM・プランを選べるようになります。

データ量と通話時間の確認は、スマホによって異なるため、自分が利用している機種の確認方法を調べてみてください。

ここでは、一般的なデータ量と通話時間の確認方法をお伝えします。

▼データ量と通話時間の確認方法
1.「設定」を開く
2.「モバイル通信」を開く
3.「モバイルデータ通信」と「通話時間」を確認する

前回のリセット日時から現在までの合計が表示されていることもあります。
その場合は、計算して1ヶ月あたりの利用状況を把握しましょう。

2. 利用状況に適した格安SIMのプラン・オプションを検討する

利用状況が把握できたら、1ヶ月あたりに必要なデータ量と通話時間を考慮して適した格安SIMのプラン・オプションを検討します。

たとえば、1ヶ月あたりのデータ容量が3GB、通話時間が1時間なら、以下のように同じ条件でプラン・オプションを検討するといいでしょう。

▼3GB+無制限かけ放題の月額料金の比較

格安SIM3GB+無制限かけ放題の月額料金
HISモバイル2,250円
楽天モバイル1,078円※アプリ使用
mineo2,728円※5GB
IIJmio2,390円※4GB
UQモバイル不要
3,498円
LINEMO2,640円

上記を見ると、アプリ未使用で「HISモバイル」、アプリ使用で「楽天モバイル」が安いことがわかります。

3. 総合的な料金や通信速度などを考慮して選ぶ

データ容量とかけ放題の料金のほか、キャンペーンやオプションなどを含めた総合的な料金や、通信速度など機能性などを考慮した上で選ぶと失敗しにくいです。

基本料金の比較も重要ですが、長期的な視野で総合的な料金や使い心地を重視しましょう。

格安SIMのかけ放題&通話無料の注意点

格安SIMのかけ放題&通話無料の注意点について4つお伝えします。

1.かけ放題プランは時間/回数制限の有無を確認する
2.格安SIMによっては専用アプリが必要になる
3.一部の電話番号はかけ放題の対象外になることがある
4.かけ放題の範囲を超えると通常の基本通話料がかかる

1. かけ放題プランは時間/回数制限の有無を確認する

かけ放題プランは時間/回数制限の有無を確認しましょう。

かけ放題プランといってもその制限はさまざまです。

▼かけ放題プランの例
・5分/回かけ放題
・60分/月かけ放題
・60分/回かけ放題
・完全かけ放題

「完全かけ放題かと思って申し込んだのに、5分/回かけ放題でお得に利用できず追加料金がかかってしまった!」ということは意外とよくあります。

「かけ放題」という言葉だけを見て申し込むのではなく、時間や回数の制限がないかしっかりチェックしましょう。

2. 格安SIMによっては専用アプリが必要になる

格安SIMによっては、かけ放題を利用するために専用アプリが必要になります。

専用アプリが必要なことを知らず、スマホの標準の電話アプリを使ってしまっては追加料金がかかるので注意が必要です。特にかかってきた電話に対し、標準の電話アプリに残った着信履歴から折り返し連絡してしまい、思わぬ高額な料金を請求されたというケースが起きています。

今回ご紹介した格安SIMで専用アプリが必要なのは、以下の2社になります。

・楽天モバイル
・IIJmio

「通話のためにいちいち専用アプリを使うのが面倒くさい!」「専用アプリを使うのを忘れそう」という方は、専用アプリ不要で通話できる格安SIMを選びましょう。

3. 一部の電話番号はかけ放題の対象外になることがある

格安SIMのかけ放題・通話無料のオプションでは、一部の電話番号が対象外になることがあります。

具体的には、以下の電話番号への通話が対象にならず追加料金がかかるケースです。

・国際電話
・転送電話
・他社アプリ経由の通話
・フリーダイアル
・ナビダイアル
・110番などの3桁番号

格安SIMごとに対象外となる電話番号は異なります。
あらかじめ確認しておくと安心です。

4. かけ放題の範囲を超えると通常の基本通話料がかかる

「かけ放題」といっても範囲を超えると通常の基本通話料がかかることに注意しましょう。

もし5分/回かけ放題なら、5分を超過した時点から基本通話料が一定の時間ごとにかかります。

かけ放題の範囲を超えそうな時は、かけ放題のオプション内容を見直すことが大切です。

また、かけ放題の範囲内に収まるか不安という方は、かけ放題と基本通話料金を組み合わせて利用する前提で格安SIM選びをしてもいいでしょう。

たとえば、HISモバイルなら基本通話料が9円/30秒と圧倒的に安いため、多少かけ放題の範囲を超えても大きな金額にはなりにくいです。

よくある質問

Q1. SIMフリーの格安スマホでかけ放題や無料通話を利用するには?

利用状況に合った格安SIMを申し込み、SIMフリーの格安スマホに挿入して利用しましょう。

格安SIMのオプションでかけ放題や無料通話を申し込むことで、使い始められます。

Q2. かけ放題のオプションがないことがある?

格安SIMによっては、基本料金にかけ放題が込みになっており、オプションとして用意されていないケースがあります。

格安SIMのサービス内容やオプション内容をよく確認してみましょう。

利用状況に合ったかけ放題オプションがない場合は、ほかの格安SIMを検討することも一つの方法です。

Q3. 格安SIMの通話以外で無料通話をすることはできる?

格安SIMの通話以外にも、アプリを利用して無料通話をすることは可能です。

たとえば、「LINE」アプリでは通話料がかからずに友達登録している相手と無料で通話ができます。

国際間の通話も無料で利用できるので、上手に組み合わせて利用しましょう。

関連の記事

当サイトでは、サイトの利便性向上のため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイトのクッキー(Cookie)の使用に関しては、「プライバシーポリシー」をお読みください。

同意する